交通事故でむち打ちに

今日は中華街に行きました

道までいっぱいの人が沢山で

普通にあの中を車が走ります

結構、怖いですね

 

私は人身事故に遭いました

幸いにも命に別状はありませんでしたが

程度的には

いわゆる酷いむち打ちです

でもこれ、医者の掛かり方や「知ってる」かどうかで

慰謝料がガラッと変わります

 

基本的に治療費は相手保険で出るのですが

ただただ、リハビリを受け続けるだけでは危険ですね

保険屋の思う壺です

 

また、慰謝料の請求をするにも

組み立て方を知らずに漫然と流されるままに行うと

当然、最低基準で話は進みます

 

怖いですねぇ

 

慰謝料と言うよりも

事故前のすっきりした身体に戻してもらえるなら

ホントお金どころの話ではないのです

療養中は仕事に集中できない

職場に影響を与える等マイナス面ばかりです

しかも悲しい事に他人にはあまり辛さは理解されません

 

だからと言って、ただ感情的になっていても

何も変わらないのです

激しくガタガタ言っても慰謝料も増えません

 

本当に、参りました

なんとかして欲しいです

助けて貰いたいです

 

自分が「知っている」状態になるしかありません

 

そんな自己の経験から

皆さんも損な事故にならないように

時系列的に

お伝えしていくブログの予定です

 

今後ともよろしくお願いします

コメントを残す




関連記事

後遺障害とはどの程度なのか
後遺障害認定を受けると慰謝料はどのくらい変わるのか
慰謝料を破格に上げる為には
非該当になるケース
弁護士費用なしで弁護士に頼む!?
むち打ちの慰謝料はどれくらいの金額になるのか
後遺症と後遺障害とは
むち打ちの場合のどんな医者に掛かればいいのか
むち打ちで非該当の慰謝料
実際の金額
医者選び
むち打ちの処方箋
弁護士に依頼した場合
早い段階で入手すべきもの
慰謝料請求

Menu

HOME

 TOP