むち打ちの場合のどんな医者に掛かればいいのか

通院の大事さに関してです
最近、痛感する事が多かったので改めてお伝えしておきます

まず病院に関してです
想像してみてください

「むち打ち」になりました
どこの医者に通いますか?

「整形外科」?
交通事故対応という「接骨院」?
交通事故対応という「整体院」?

どこが正解かと言うと求めるものによって変わってきます
大事ですのでしっかりと考えてみてください

事故後はまず「整形外科」が良いと思います
「医師」によるカルテ・診断書を作成するためです

または後遺障害の可能性があるのならば「整形外科」でないと難しいと思います
しっかりと通院する必要があります
「医師」による「医学的に説明が出来る」が条件の1つです
医者選び通院に関してを参考にしてください

しかし、診察・診断・診断書作成の為に「医師」である必要性の部分が大きく占めてはいますが
通常該当する「整形外科」は「むち打ち」の各症状には正直言って対応力が良くありません
例えばですが、症状の一つである眩暈に関してはどう対処するでしょうか?
投薬と様子見ですね

目のピントがずれる事が多くなって困っている
目の後遺障害に関しては結構曖昧です
では眼科なのかと言えば加齢による老眼とか言われて終わる事でしょう
具体的に該当する専門医を症状に併せて見直してみましょう

診察・診断は「医師」が良いですが
実は「治療」に関しては「接骨院」「整体院」の方が良くなる場合があります
マッサージ等は本当に楽になる場合があります
「整形外科」の「投薬」と「様子見」と「理学療法」
正直改善まではいきませんでした
合う合わない等、個人差があるかと思います

ただ、後遺障害認定を真剣に考えているならば
認定後から通院先を変えるのが良いかと思います

「診察」「診断」と自分に合った「治療」は別であるようです
・・・理学療法士自身が言っていました

コメントを残す




関連記事

後遺障害とはどの程度なのか
むち打ちの慰謝料はどれくらいの金額になるのか
むち打ちの症状のつらさ
後遺障害認定を受けると慰謝料はどのくらい変わるのか
弁護士費用なしで弁護士に頼む!?
通院に関して
交通事故でむち打ちに
むち打ちの処方箋
慰謝料を破格に上げる為には
通販型の自動車保険
実際の金額
むち打ちで非該当の慰謝料
後遺症と後遺障害とは
早い段階で入手すべきもの
非該当になるケース

Menu

HOME

 TOP