後遺症と後遺障害とは

慰謝料の金額は「後遺障害認定」が出る事で
破格的に上がります

では「後遺症」ってなんでしょう?

「後遺症」と「後遺障害」は実は違うものでもあります

「後遺症」とは
急性期症状(事故直後から一定期間の強い症状)が治癒した後も
なお残ってしまった機能障害や神経症状等の症状や障害の事を言います

「後遺障害」とは
交通事故によって受傷した精神的・肉体的な障害が
将来においても回復の見込めない状態となり(症状固定)
交通事故とその症状固定状態との間に相当因果関係が認められ、その存在が医学的に認められる(証明できる、説明できる)もので、
労働能力の損失(低下)を伴うもので、その程度が自賠責法施行令の等級に該当するものを言います

如何でしょうか?
交通事故の受傷の場合は「後遺障害」がより正しく該当しますね

とても大事な事をお伝えします
「後遺障害」とはの部分を良く読んでみてください

ただ苦痛や不具合を伝えたところで
長期間通院をしたところで
「後遺障害」には非該当になる理由が書いてあります

逆に言えば
これをしっかりと行う事が「慰謝料を戦略的に請求する事」とも言えます
きちんと準備をしないと困難である事も理解出来るかと思います

「因果関係」「医学的な証明」「医学的な説明」「労働能力の喪失」
このキーワードが大事なのに人任せで伝わるでしょうか
正直言って「しっかりと通院」「こう動いて」「こういうモノを残していってください」「先生に伝える事」「先生に言ってはいけない事」
と指導してくれる弁護士も行政書士もまず居ません

むしろ「後遺障害認定」が通った後に彼らは必要になってきます
保険屋に至っては不利になるので、まず言いません
自分で動かなければいけない大事さが
少し伝わったでしょうか?

このような知識を得るためにも
早い段階で入手すべきものが大事になってきます
本当に必須な事を改めてお伝えします

コメントを残す




関連記事

医者選び
通販型の自動車保険
交通事故でむち打ちに
慰謝料は誰が払ってくれるのか
後遺障害認定を受けると慰謝料はどのくらい変わるのか
むち打ちの場合のどんな医者に掛かればいいのか
慰謝料を破格に上げる為には
むち打ちで非該当の慰謝料
実際の金額
むち打ちの慰謝料はどれくらいの金額になるのか
弁護士費用なしで弁護士に頼む!?
慰謝料を増額する為には
非該当になるケース
通院に関して
後遺障害とはどの程度なのか

Menu

HOME

 TOP