むち打ちで非該当の慰謝料

交通事故でむち打ちになってしまい
慰謝料を請求するにあたって、しっかりと正当な慰謝料を請求する為には戦略的に通院や診察を受ける必要があります
むち打ちはただでさえ後遺障害認定を申請しても非該当(後遺障害を認めない)になりやすい症状であります
では、非該当になってしまった場合は戦略的請求は出来ないのでしょうか?

答えは

今までしっかりと当サイトを読んで頂き
必要なものをしっかりと自分のモノにされている方は
当然、戦略的に動いていたハズですので
同じ非該当の方と比べて、間違いなく請求時にしっかりと差が出ます!

同じ非該当にも拘らず
適当に通院して50万程慰謝料を貰って喜んで居る人
戦略的に請求して30万程度以上をそこに上乗せ出来る人の違いです
無駄になる事はありません
だからこそ、最初の知識として「必須の知識を得る術」として大事さを謳っています
知らない人と比べて間違いなく元は取れますので

「後遺障害」に認定されると更に数百万単位にも変わりえますという点がプラスになるだけです
非該当になってしまったら戦略的に請求する事は無駄になる訳ではないのです

簡単な理由を述べることが出来ます
通院に関しての記事に併せて
後遺障害認定を受けると慰謝料はどのくらい変わるのを読めばある程度掴めるかと思います

しっかりと理解して動いている事が大事なのです
損はありませんのでやれる事はやっておきましょう
後悔しない様に・・・

コメントを残す




関連記事

弁護士費用なしで弁護士に頼む!?
慰謝料を破格に上げる為には
後遺障害とはどの程度なのか
慰謝料請求
通院に関して
むち打ちの慰謝料はどれくらいの金額になるのか
むち打ちの場合のどんな医者に掛かればいいのか
後遺障害認定を受けると慰謝料はどのくらい変わるのか
通販型の自動車保険
実際の金額
医者選び
むち打ちの症状のつらさ
後遺症と後遺障害とは
むち打ちの処方箋
非該当になるケース

Menu

HOME

 TOP