むち打ちの症状のつらさ

私が事故に遭ってから、この時点で既に15ヶ月が経っています
通院をメインにしていた頃と今とでは全く状況が変わっています
どういう事かと言うと、思っていた以上に症状はしっかりと引き継いでいますし、そのつらさは今の方が重くなっているかもしれません

是非、今まさに通院中の方や6ヶ月を迎えようとしている方に強くお伝えしたい内容です!

長丁場ですし、通院も大変だと思います
保険会社とのやりとりも手間がかかって「まあいいか」で済ませてしまいそうな時があるかと思います
でも、絶対に後から後悔をしないようにしてください

私も実はまだ示談まではいっていません
「後遺障害認定14級」は申請後一回目で該当となっています
でもやれる事はしっかりとやるだけやっておこうと考えています

今まさに通院中の方はずいぶん時間もかかりますし「こんあもので良いかな」と終わらせてしまいがちです
でも絶対に徹底的にやれる事をやって行かないと必ずあとで「もう少しやっておけば・・・」となります

15ヶ月経った今、言える事は
「正直、症状はより酷くなっているという事です」
痛み・首からくる痛みが引き起こす片頭痛・子供とキャッチボールをしただけで翌日やってくる酷い倦怠感・飲めなくなった等々です
私も気付いていませんでしたが、この時期に此処まで酷くなるのかと驚いたことがあります・・・花粉症からくる今まで経験した事のない片頭痛と倦怠感です

まさか花粉症が持ってしまった持病!?と絡んで此処まで酷くなるとは想像もつきませんでした
でもこういう事もあるのです
適当に済ませたり、人任せにしてしまい
後から後悔するようなことだけは、絶対にしないようにしてください
4日通院分の保険料でまかなえる程度の費用ですし、結果的に知らないより何倍も慰謝料を跳ね上げる事が出来ると思います
「戦略的に請求する為に必ず準備するべきもの」参考にしてみてください
本当に症状で苦しんでいる方、今後が不安な方はやれる事はしっかりやって後悔だけはしないでください

コメントを残す




関連記事

通院に関して
むち打ちの場合のどんな医者に掛かればいいのか
弁護士費用なしで弁護士に頼む!?
後遺症と後遺障害とは
事故から2ヶ月目
慰謝料を破格に上げる為には
弁護士に依頼した場合
非該当になるケース
後遺障害とはどの程度なのか
通販型の自動車保険
むち打ちの処方箋
むち打ちで3ヶ月目を迎えたら
むち打ちで5ヶ月目
後遺障害認定を受けると慰謝料はどのくらい変わるのか
慰謝料を増額する為には

Menu

HOME

 TOP