通販型の自動車保険

今回はちょっと本筋とはズレますが、興味深い話を聴けたのでシェアしようと思います

自動車保険はどのような保険に加入されてますか?
車両保険に加入していると金額はかなり上がってしまいますが、いざと言うときは安心ですね
また、保険申請を殆どしていない方ならばその分等級的にかなり保険料が安くなっているので
「そろそろ車両保険を使おうかな」なんて方もいらっしゃるかもしれません
各保険会社いろいろありますが、最近では通販型と言われている自動車保険は格安ですね

簡単に何故安いかを述べますと
保険というものは「保険金の元となる保険料」「保険金を保全する為に保険会社が運用に廻す分」「保険営業の人件費(手数料分)」で構成されています
通販型の自動車保険はこの「保険営業の人件費(手数料分)」を払う相手が自社の経費分だけなので安くなっている訳です
私もここまでは知っていました

◎一般的な自動車保険・・・有名保険会社の保険代理店を通して加入する自動車保険
◎通販型の自動車保険・・・ネットや電話で加入する格安自動車保険

今回初めて知り得たお話と言うのが少しビックリする内容でした
別件で車両保険を使い自分の車を保険で修理に出しました
最初に保険会社を聞かれたのです
その保険対応を得意とする修理屋さんで聴いたのですが、やはり大手の保険会社はちゃんと修理に対応してくれるそうです
しかし、通販型は正直やりたくないとおっしゃってました

理由としては「交換部品を中古で手配するように指示を出してくる」「ばれない限り如何に安価な修理で済ますか」
こういった内容が保険屋主導で来るそうです
確かに交換部品が新品かどうかなんて判らないですよね

そんな事もあるんだと思ったので、一応お伝えしてみます
真実かどうかという問題はありますが、実際に修理工の方が言っていた事です
必ずしもすべての通販型がそうだという訳ではないが、その割合は高いと言っていました
安い理由は納得して問題ないと思っていたのですが
安い事で必要以上にサービスが劣化しているのは、値段以下になりかねませんね
来年の保険は通販型を考えていたのですが、私もいろいろ再検討しようと思います

今回は本来請求先である自動車保険に自分が加入する場合ソントクかの情報でした
どこにメリットを置くかですね

むち打ちで慰謝料アップを図るならこちらを参照してください

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP